和光会の広場

和光会の広場
HOME > 和光会の広場 > はちみつプロジェクト

はちみつプロジェクト

はちみつ
岐阜県産
価格 500円/個

和光会では、子育て・保健・医療・福祉の総合的なサービスを提供する傍ら、地域との絆つくりを目的に、岐阜ならではの特徴を活かした、自然と触れ合えるプロジェクトを行っております。

今回は、株式会社秋田屋の皆様のご指導の下、地域ボランティアの皆様のご協力により、はちみつ作りに挑戦しようと「ミツバチはちみつプロジェクト」をスタートさせました。養蜂・はちみつ作りを通じて、地域との交流、絆つくりをしていきたいと考えております。

採取した蜂蜜は、寺田ガーデン売店「ハウ」(岐阜市寺田7丁目86番地)または山田メディカルクリニック(岐阜市東金宝町1丁目12番地)にて販売しておりますのでお買い求めください。


蜂蜜ができるまで

養蜂説明会

養蜂説明会

株式会社秋田屋の皆様のご指導の下、蜂蜜作りに挑戦!蜂蜜作り、蜂蜜の歴史、ミツバチの習性について学びました。


巣箱設置

巣箱設置

田園風景が広がるこの地域。高齢者介護施設「寺田ガーデン」の中庭に巣箱を設置。


収穫

6月、蜂蜜収穫!
巣礎(蜂の巣になる基板)を遠心分離器にかけ採蜜。保育園の園児たちも見学、試食しました。

収穫
収穫

瓶詰め

瓶詰め

7月、収穫後、ろ過・殺菌した蜂蜜を瓶詰め作業。


冬支度

冬支度

10月、蜂蜜を採取したら、ミツバチの冬支度です。

巣箱を2段から1段にすることで、密着して体を温め合います。
1箱に1万~2万匹のミツバチがこうして越冬し、春を待ちます。


レンゲの種まき

レンゲの種まき

11月、(有)合渡水田夢クラブ(集落営農組織)のご協力のもと、休耕田に近年めっきり減ってしまったと言われている県の花、レンゲを咲かせるため、園児たちが種まき。春にはミツバチ達が貴重なレンゲ蜂蜜を作ります。

このレンゲ畑は、子ども達がおもいっきり体を動かして遊べる場にもなります。